準インストラクター養成講座で描く絵のご紹介
今回は「森と湖」です。

 

森と湖

 

画像だとわかりにくいかな、この絵にはちょっと面白い技法が入っています。
湖面に映った木の影が湖の透明感を表し、「水」を感じさせませんか?

私は 「水」や「火」の表現をするとき、とても気持ちがいいのですよ~!
こういう絵を描くときはその絵の中に入っていきますので、その森と湖にいるのです!

一体感の中で描いていくのでとても心地よく描けます。

 

これまでにこんな色合いでも描きました!

 

森と湖3枚

 

基本は手前下の色合いですが、色や木の形を変えると雰囲気が変わりますね。
静かにそっと白い雪が舞い降り、森と湖に溶けていく・・素敵じゃないですか?

講座で一枚描いたら、家で色を変えて形も変えて復習してみてくださいね。

この絵は講座の4日目に予定しています。

 

パステル和アート準インストラクター養成講座の詳細はこちら→

 

お申込み