準インストラクター養成講座で描く絵のご紹介
今回は「枯葉」です。

 

枯葉

 

前回の夏に引き続き、季節は秋。絵は枯れ葉が水に落ちて流れるイメージです。
「葉っぱ」大好きです!!

これも色を変えるとまた雰囲気がガラッと変わる絵ですね。
銀杏・もみじ・ふつうの葉 と、三種類入れていますが一種類で描くのもありです。

型はもちろんご本人に作っていただきますので、形が変わるとまたイメージが変わります。
ふつうの葉はまだいいのですが、銀杏と、特にもみじは本当に難しいんですよ!
いかに見ているようで普段本物をきちんと見ていないかがわかりますし、だからこそ絵を描くと様々なものをよく観察するようになります。

特に自然のものはたくさんの発見があるので面白いです。

 

高齢者施設ボランティア用にアレンジしてみました。

 

枯葉2

 

葉っぱの型を大きくして二枚にし、細かい作業はなるべく無くしてリアルな色付けをしました。

本物の葉っぱを拾ってきて観察しながら描くのも楽しそうですよね~
あ、そう言えば、落ちている様を写真に撮ってそのままを描いたこともあります!

楽しいな~~葉っぱや花や自然を描くのは♡

 

この絵は講座の二日目に描きます。

 

パステル和アート準インストラクター養成講座の詳細はこちら→

 

お申込み