それは、本当に何の前触れもなく、突然に起こりました。

一つ前に投稿したワークショップ(昨年10月19日)の後、カフェのオーナー夫妻と残った生徒さんお二人と、美味しいデザートをいただきながら歓談して、ではそろそろ帰りましょうと近隣のスーパーに停めておいた私の車を取りに行った時のことでした。

車までは特に問題なく歩いて行った、と記憶しています。
車に乗り込み、ちょうど降り出した雨のためワイパーを動かそうと左手でそのレバーを下げている(はず)のに、ワイパーがちっとも動いてくれません。

「どうしちゃったんだろう?なんで動いてくれないの?」

「ワイパーって左よね?右じゃない右はウインカーでしょ」

などと自問しながらも、その時すでに左半身に麻痺が起こっているなんて想像もしなかった。
だから左手なんて見ることもなく、仕方ないから右手で動かして、皆さんが待つカフェへと車を走らせたのです。

そう。その時私の頭の中では異変が起きていた。
「脳出血」が起こっていたんです。

そして救急搬送・・・

 

三週間の入院の後自宅に帰宅し、幸い麻痺は軽い方でしたが、いろいろ体と心の変化に戸惑いながら、静かにのんびりゆったり過ごすことしかまだ出来ずにいます。

そんなわけで、パステル和アートのインストラクターとしての私は、無期限で活動を休止することにしました。

何年も通ってくださっていた方、ご予約いただいていた方、入院中も新規のお問い合わせなどもありましたが、皆さんお断りすることになり、本当に申し訳なかったです。

けがなどと違い、脳のことなので、私にもこの先どのようになるのかはわかりません。
わかっているのは無理が出来ない、ストレスになること、血圧が上昇するようなことは避けていきたいと考えますし、なによりも私自身が活動をまたやりたいと心から思えるまでは、安易に始めることは出来ないのです。

今日、やっと、こうしてPCに向かい、このHPに活動休止のことを書くことが出来ました。

このHPにそれほどたくさんの方に訪れていただいているとは思いませんが(笑)インストラクターも増えましたしね、私のようなもうちょっと古い?年齢も高めのインストラクターはそろそろ引退かとも思いますが、まだその決断はしていません。

とにかく今は体のことを第一に考え、体と心に相談しながらゆっくりと先のことは考えたいと思っています。

復活する時にはまたお知らせいたします。

 

パステル和アート インストラクター

Kako 長谷川 和子