それぞれの色合い、それぞれのタッチ!

こちらは8月3日(金)のワークショップの活動報告です。

同じ道具、同じパステルを使っていてもニュアンスが本当に違いますね!

 

 

美人母娘三世代で来てくださる皆さま、この日は「花火」を描きました。

花火の大きさや位置、そして色の組み合わせや使い方など、皆それぞれで個性的!
おそらくパステル和アートを知らない方は何で描いているかわからないでしょうね~笑

15センチ四方の画用紙の中、ある程度の枠組みや段取りの中で、あとは個人の自由にお任せするというやり方なので、初めてでも絵が苦手と思っている方にも気軽に描いてもらえるのが、和アートの良さであり特徴なんです。

真っ白な画用紙を渡されてただ絵を描きなさいと言われても、なかなか描けないですよね~
見本の絵があって、インストラクターのナビゲートに従って手を動かしていくと、描けてしまうという…
もちろん見本の絵をいわば真似する形なので、個人のオリジナルではありませんが、それでも自分で描いたことに間違いはありませんので、絵は描けないと思っていた人ほど驚かれますね~!

こうして並べるとどうしても比べてしまうけれど、家に持ち帰り自分の絵だけになると、どんどん愛着が湧いて気に入ってくるから不思議ですね~♪

それは私も未だに同じ感覚なんですよ~♡

 

たまにはサロンの様子など…

 

 

準備が出来たところ。
ここは我が家のリビング兼ダイニング兼パステル和アートの教室でもあるパステルアートサロン☆

おうちcafeとか、まぁ普通にお教室とか、いろいろ呼び名はありますが、自宅サロンがなんとなくしっくりくるかな~とそう呼んでいます。

 

ワークが終わったらお茶をお出ししています。

 

 

この日はおからのお茶と和っぽいお菓子。

こんな風に絵を描いた後はお茶を飲みながら絵のことやいろいろお話ししていますよ~
もちろん絵を描いている時からおしゃべりはしていますけれどね(笑)

 

次回ワークはお子さんにとのリクエスト♪

 

 

私の生徒さんが、自身のお子さんの幼稚園と小学校低学年の姉妹に教えて欲しいとのリクエストにより、いろいろ考えた結果、この「花火」の絵をB5サイズで描いてみることにして試作してみました。

黒を使うよりも、水面に映る花火のイメージで、きっとご家族で夏休みにはどこかで花火を見る機会もあるかと思うので、そんな思い出のような花火の風景にしてみました。

どんな絵になるか、またどんなワークになるのか?!
ドキドキわくわくしています(^_-)-☆

 

次は秋頃に秋らしい絵を描きましょう♪
ありがとうございました。

 

お申込み