何人かで描くとやっぱり面白い♪

こちらは4月27日(金)のワークショップの活動報告です。

先日お一人の生徒さんとこの絵を描きましたが、こうして三人の生徒さんと描くとそれぞれの個性が楽しく面白く、違いの中からたくさんの学びがありますね。

 

 

上段お二人は夕焼けをチョイス、下段左の方は青空に少しのピンクで朝焼けのように…

空の色 山の色 湖の色 大地の色、基本の色はお伝えしますが配合や指の力加減などで決して同じにはならない、塗り方でも水彩のようにも油絵のようにもなる、パステルってほんと簡単なのに素敵な画材なんです!

「白樺」の絵。

パステル和アートの協会モチーフ、私がこの絵を習ったのはかれこれ8年くらい前。
その時の絵が見つからないのですが・・・

現在は時間短縮の意味でも、型紙をインストラクターの方で用意してしまうことが多いのですが、当時は型紙もその場で作るので、私など作業が比較的遅い人間には、ちょっと大変だった記憶があります。

そしてこんな風にまだ色のグラデーションなど上手くできない、というか考えることもできなかったような時期でしたので、複雑な色合いを出せずに単調な感じに描けていたと思います。

パステル和アートというアートも、インストラクターも、細谷代表も?(笑)、やはり時の流れと共に進化成長していますので、同じモチーフでもその時間の経過と共に成長した絵になっていくのだと思います。

だから、昔の絵を久しぶりに描いてみると、その変化がとても面白いのです!

そして、改めてその絵を好きになったりします!

教えるということがなければ描き直したりもあまりしないから、私としても復習しながら新たな発見をさせてもらえる。
ワークショップって本当にありがたい時間だな~と思います^^

 

皆さんがそれぞれにとても満足され納得されていた今回の「白樺」の絵。
こうして画像で眺めるのも本当に楽しく心地よい♪
景色の絵はイイですね~~
次回は5月25日(金)「ひまわり畑」の予定です。
ありがとうございました。

 

お申込み